福岡のトリミングサロンgrooming garden(グルーミングガーデン)

HOMEHOMEサロン案内サロン案内メニュー&料金メニュー&料金炭酸スパ炭酸スパ猫のトリミング猫のトリミングスタッフ紹介スタッフ紹介

HOME > ワンちゃんも食べられる冬が旬の野菜と果物

ペットコラム

ワンちゃんも食べられる冬が旬の野菜と果物


最近はドライフードだけでなく、愛犬の為に手作りされる方も増えているかと思います。

冬の食材は栄養豊富なものが数多いのでワンちゃんも食べられる冬が旬の野菜と果物をいくつかご紹介いたします!

・セロリ

セロリには〈免疫力アップ〉〈活性酸素除去〉といった効果があるといわれており、活性酸素除去にはガンの予防効果があります。生でも、加熱しても大丈夫ですが、スジを取る(皮をむく)ことは必要になります。スジを取らずに与えてしまうと、腸閉塞の危険がある為、しっかりスジを取って丸ごと与えずに、小さく刻んで与えましょう。

・ブロッコリー

ブロッコリーもセロリと同様に栄養価が高く、豊富なビタミン類やミネラル、食物繊維が含まれます。〈解毒作用〉〈抗酸化作用〉〈腸内を綺麗にする効果〉など様々な効果があります。ブロッコリーは必ず周りの皮をむいて茹でて柔らかくしてから与えましょう。老犬や消化機能が弱いワンちゃんの場合はミキサーにかけるのもオススメです。また、茹ですぎるとビタミンが壊れてしまうので注意しましょう。

・キャベツ

キャベツにはビタミン類が多く含まれており、特にビタミンUは胃の粘膜を修復してくれる作用があります。食物繊維は消化されないので、腹持ちがよく 適度な量の繊維質は小腸内の腸内細菌のバランスを維持しますが、過剰摂取すると腸内細菌によって発酵されてガスが溜まりやすくなるので注意しましょう。キャベツの場合は生のままでも、加熱して与えても大丈夫なのですが、アルカリ性ミネラルが多く含まれている為、「ストラバイト結石」を持つワンちゃんには与えないようにしましょう。 

・ほうれん草

ビタミン・ミネラルを豊富に含んでいますがシュウ酸も多く、結石ができる恐れがある為、しっかり加熱してから与えましょう。シュウ酸を取り除くために、必ず茹でてアク抜きをした後は、水にさらして下さい。長時間茹でると栄養素まで溶け出てしまう為、注意しましょう。

・ミカン

ミカンには、ビタミン、糖分、水分、が含まれていますが、過剰摂取すると下痢や嘔吐を引き起こす恐れがあり、外側の皮には中毒性作用がある為、外側の皮には触れさせないようにして1日1回程度を目安に与えましょう。


アレルギー症状には要注意!

野菜や果物をはじめてあたえる場合は、少量からはじめてください。
ごくまれに早食いの吐き戻しとは別の嘔吐や食べ過ぎてゆるくなるのとは別の下痢、湿疹、腫れ、目の充血などのアレルギー反応をおこす場合があります。このような症状が現れたら病院ですぐに診察してもらいましょう!

写真館写真館

お誕生日掲示板お誕生日掲示板

TポイントTポイント 

歯磨き歯磨き 

キャンペーンキャンペーン 

グッズ・商品紹介グッズ・商品紹介

ペットコラムペットコラム

今日のわんこ・にゃんこ今日のわんこ・にゃんこ

東福岡たぬま動物病院東福岡たぬま動物病院

トリミングサロンshampowanトリミングサロンshampowan